SAKAZEN ー サカゼン ー

リクルートRECRUIT

服に関することなら、
 どんなキャリアも育める場所。

2005年中途入社
新宿店
店長

渋谷 智弘

  • 好きを極めるうちにできた、新しい夢。

    サカゼンは「大きいサイズの紳士服」のイメージが強いかもしれませんが、レギュラーサイズのカジュアル、スーツをはじめ、レディースやインポートなど、本当に多様なジャンルのアイテムを取り扱っています。店舗で働いていると、「むしろ、取り扱っていないジャンルなどないのでは?」と思えるぐらい品数豊富ですね。携われる仕事のジャンルもかなり幅広いですよ。僕は最初、接客のアルバイトとして入社しましたが、次第に売場づくりを任されたり、デニムの加工をしたり、仕入れを学んだりと、本当にさまざまなことを経験させてもらいました。仕事の領域が広がるほど「自分の店」という感覚が持てるようになり、やりがいも大きかったですね。キャリアを重ねるうちに通ってくれるお客さまも増え、服にも詳しくなっていって……次第に「バイヤーになりたい」という夢が芽ばえたんです。

夢を叶えるため、目の前の仕事を全力で。

夢はできたものの、当時の僕は販売員の経験しかなくて。そこでまず、社内で憧れていたバイヤーの方に「インポートのバイヤーになるにはどうしたらいいですか?」と聞いてみたんです。そしたら「とりあえず全店舗で売上げTOP10に入りなよ」と言われて。当時は「え、それだけでいいの?」と思いましたが、恐らく「社内で認められる存在になること」が大事だったんでしょうね。それからはより売上げを意識するようになり、全店舗で1位になったこともありました。同時に、いろんな人たちに「バイヤーになりたい」と話して自分をアピールして。その結果、憧れだったバイヤーの方に「見習いバイヤーにならないか」と声をかけてもらえたんです。夢の扉が開いた瞬間でしたね。展示会に連れて行ってもらったり、海外の仕入れについて学ばせてもらったり、税金に関する知識や人間性に関することも。何から何までその人に教わりながら、インポートバイヤーとして成長していきました。その経験は、大型店舗の店長になった今も活きていますね。

  • 成長した今、育てるというやりがいを体感。

    僕ね、若手スタッフが成長する姿を見るのがすごく楽しいんですよ。バイヤーだった頃も、面倒を見ていた後輩に「渋谷さん!僕、店の責任者になれました!」と報告をされたり、「渋谷さんに言われたことを糧に成長できました」なんて言われたりすると、いつもしみじみしていました。今、お店で頑張っている若いスタッフにも、やりがいを感じながら成長してもらえるよう、日々店長として試行錯誤しています。例えば、小さいことですけど、毎日必ず閉店1時間前には全フロアを回ってスタッフ全員と会話したりとか。直接顔を見て話すとみんなのことがわかってくるし、何にやりがいを感じて働いているかを知るきっかけにもなります。みんなの個性を伸ばしながら、お客さまにも笑顔になってもらえる店を目指すこと。それが、店長になった今の夢ですね。

社員紹介






役員紹介

↑